安全にシルデナフィルを使おう

医薬品を使用する際は必ず添付文書を確認しましょう。副作用や注意事項など色々と記載してありますので必ず確認してください。

体調の変化によって医薬品の効果が違う

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の認可後に有効性や安全性を再度確かめる再審査の調査が終わると他の製薬会社でも同じ有効成分を使って薬を作れるようになります。
ジェネリック医薬品は、後発であるため、先発医薬品と異なり安い価格で販売することが可能です。
一般的に、7割ほどの価格で販売されることが多いです。
また、先発医薬品と添加物が異なっていても構わないため、先発医薬品よりも薬の形を小さくしたり、口の中で溶けやすくするなどの付加価値をつけることが可能です。

しかし、ジェネリック医薬品にもデメリットがあります。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と医薬品の効果が違うことがあるため、薬の効き方が異なることがあります。
そのため、ジェネリック医薬品に切り替えた場合には、体調の変化によってかゆみや発疹があらわれる場合もあることから、今までと違う反応が出た場合にはできるだけ早めに医師に相談することです。

ジェネリック医薬品は、価格だけでなく、効果や副作用が異なる場合があります。
また、1つの先発医薬品から複数のジェネリック医薬品が発売されることもあるため、薬剤師とよく相談してからジェネリック医薬品に変えることが重要です。