シルデナフィルを用いる際は添付文書を確認

勃起不全の薬の中にシルデナフィルというものがあります。
これは、性行為をする上で十二分に勃起が起こらず、性行為を行う事が困難な方に処方される薬です。
処方されるのは、20歳以上の成人男性で女性や小児対する処方はないです。
副作用もあり、特に心疾患、循環器系の疾患を持っている方は注意が必要になります。
さらに高齢者に処方する場合も注意が必要になります。
また、使用上の注意として、腎障害、陰茎部の構造上の欠陥、肝障害など他に8つほどあり、問診時にしっかり把握しておくことが大事になります。
薬の飲み方としては、性行為の1時間前に水と一緒に服用するといいです。
唾液でも溶けるので、舌の上で置いて服用する事が可能になります。
他の薬との併用は出来ないので、注意が必要です。
副作用も循環器系から精神、神経系などいろいろな副作用がでます。
場合によって死亡するケースもありますので、使用上の注意は必ず守り、出た場合は、すぐに医師に相談する必要があります。
詳しく、知る事が出来る添付文書もありますので、薬を処方する場合は、1度目を通しておくといいと思います。
どんな薬も服用の仕方を誤ると危険を伴いますので、十二分に薬の事を把握して、服用する事を勧めます。

■外部リンク■
シルデナフィル 添付文書